BizRis

個人データを、ビジネスを守る、IIJ

実務に活きる、
プライバシーのナレッジ

BizRis会員のみにお届けする、充実の情報とサービス
世界のプライバシー保護対応はここから

データ活用が盛んに行われる中で重要視される個人のプライバシー。
GDPRやCCPAなどGDPR*1やCCPA*2など、グローバルではプライバシー保護規制の整備が活発に行われています。
BizRisではこれらの規制に関するニュース、またお客様の法対応に役立つコンテンツを提供しています。

BizRisの3つの機能

世界のプライバシー保護規制対応やIT対応について
こんなお悩みをお持ちではありませんか?

通常業務で忙しい中、専門でもない世界各国のプライバシー保護規制を自分で調べるのはものすごく大変!!!
・弁護士の先生方に相談するにも、ある程度 自分で調べてから論点を明確にしておきたいけど、手軽に日本語で情報収集はできないものかしら???

そんな法務・コンプライアンス担当の皆様からの
「知る」のお悩みにBizRisはお応えいたします

例えばこんな「知りたい」ケースにお役立ち
・世界のプライバシー保護規制の 最新情報を手に入れたい
・自社 がビジネス展開している国のプライバシー保護規制を何ヵ国語にもわたって読んで理解するのは大変だ
・担当者に指名されたけど、世界各国のプライバシー保護規制に どう対応したらいいか知りたい
個人データ侵害が発生したときに何をしたらいいか知りたい

数多くのお客様にコンサルティング・運用サービスを提供してきているIIJが、その実務対応のノウハウを結集したナレッジデータベースを、皆様の「知りたい」ニーズに思う存分ご活用頂けます!

・事業部Aが米国に進出し、顧客データを扱うことが明らかだけど、カリフォルニア州のプライバシー法は厳しいらしい。他にも州法はいろいろでてきているとも聞くし…
・そもそも わが社は適用対象なのだろうか?簡単にわかるチェックリストとかないかなぁ?
・適用対象の場合、 何をしなければならいのだろうか?プライバシーポリシーのテンプレートとかあると助かるなぁ?
・ITセキュリティ対策は 言葉が難しいけど、IT部門に説明してやってもらわなければ。けど、簡単な言葉でどう説明したらいいだろう?

そんな法務・コンプライアンス担当の皆様からの
「使う」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「使いたい」ケースにお役立ち
・気にする法規制の概要を 法務・コンプライアンス以外の部門の方にも簡単に説明できる資料を手に入れたい
・わが社は そもそもその法規制の適用を受けるのかチェックしたい
・プライバシーポリシーやその 他必要なドキュメントのひな型(テンプレート)を手に入れたい
・どんな ステップで対応をしていけばよいのかの手引きがあると自社対応できてうれしいな

これまでコンサルティングプロジェクトを実施してきたIIJのノウハウを「チェックリスト」や「テンプレート」、「手引き」に結集させ、皆様の「使いたい」ニーズにご活用頂けます!

・いつも相談している弁護士の先生方はプライバシー保護規制の専門ではないので、アドバイスの内容、コストともに少し気になる
・とはいえ、 ちょっとした相談なので、わざわざプライバシー保護の専門家の先生を探してまでお願いするのも手間がかかるなぁ…さて、どうしたものか?

そんな法務・コンプライアンス担当の皆様からの
「相談する」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「相談したい」ケースにお役立ち
手軽に相談できるプライバシー保護規制対応の専門家が欲しい
・個人情報保護法の改正に合わせて、自社のプライバシーポリシーや社内規則を どのように改正したらいいか知りたい
有価証券報告書のコンプライアンス上の課題として、プライバシーリスクについてどこまで言及すべきか知りたい
・プライバシー保護を専門とする弁護士の先生をご紹介することも可能です

もっと見る閉じる

法務・コンプライアンス部門から法規制対応のためのITセキュリティ対策の依頼を受けたが、そもそも法律の要件がちんぷんかんぷん。誰か分かりやすく説明してくれないかな?
・チームで動くうえで、 日本語で各国のセキュリティ要件を正しく理解したいなぁ…
リスクに応じた対策(Risk Based Approach: リスク・ベースト・アプローチ)って何すればいいの?

そんな情報システム・セキュリティ担当の皆様からの
「知る」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「知りたい」ケースにお役立ち
他の企業はどの様に各国のプライバシー保護規制に対応したセキュリティ要件を策定しているのか知りたい
・セキュリティ関連の認証を取得すれば大丈夫?プライバシー保護規制が求めるこ とはどこまでやれば正解?
・プライバシー保護規制対応やセキュリティ対応のための リスク分析やリスク評価の方法を知りたい

ITセキュリティと法的分野の双方に強いIIJが、情報システム・セキュリティ担当の皆様の「知りたい」をご支援します!

・事業部Aが米国に進出し、法務・コンプライアンス部門からカリフォルニアのプライバシー保護法に対応できるITセキュリティ対策にしてくれと言われた。ん?カリフォルニアの法律って何?
結局どこまで実装すればいいの?で、
・何か ガイドしてくれるような資料があればいいのだが?

そんな情報システム・セキュリティ担当の皆様からの
「使う」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「使いたい」ケースにお役立ち
・リスクに応じた対応の リスク分析シートが欲しい
・プライバシー保護規制のセキュリティ要件に対応するための テンプレートが欲しい

法務・コンプライアンス部門のサポートだけでなく、日本のインターネットのパイオニアとして創業時から日本をリードしてきたITセキュリティの専門家が皆様の「使いたい」ニーズに対応していきます

・資料は一通り読んで理解したつもりではあるけど、やっぱり法律の言葉は難しいなぁ。ちょっとした質問をしてみたいが、弁護士に聞いてもITセキュリティ詳しい人はいないだろうし…そもそも弁護士にパスがないし。
ITセキュリティコンサルタントに相談しても法律のことは本当に正しく理解しているのか判断がつかないし、両方分かっている人いないかなぁ???

そんな情報システム・セキュリティ担当の皆様からの
「相談する」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「相談したい」ケースにお役立ち
・プライバシー保護規制対応に知見のあるサイバーセキュリティ専門家と 相談できるような窓口が欲しい
・自社の対策やセキュリティリスクの分析手法などがあっているのか、専門家から セカンドオピニオンが欲しい
既存のセキュリティ対応や社内体制が、プライバシー保護規制対応のセキュリティ要件とどのように整合性を取ればいいか相談したい

もっと見る閉じる

・DXと騒がれ、まさにデジタルマーケティング全盛時代のはずなのに、プライバシー保護周りでいろいろ規制がでてきているらしい
情報の利活用をさらに推進したいが、違法な状態で行う訳にはいかないが、かといって法律の勉強をしたいわけじゃない
必要なことを端的に理解したいのだが、どうやって知れば効率的だろう?

そんなデジタルマーケティング・ブランディング担当の皆様からの
「知る」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「知りたい」ケースにお役立ち
SNSを活用したマーケティングでプライバシー保護規制対応が必要なのか知りたい
・これまで行ってきたデジマケ施策が各国のプライバシー保護規制によって 収益面でのインパクトを受けるか調べたい
・各国のプライバシー保護規制の 域外適用について、本当に全部守らないといけないのか知りたい
・クッキー同意管理ツールを選定するに当たり、各ツールの 特長と比較分析について知りたい
・Google AnalyticsやMAツール、またメルマガで個人情報を取得する以外の方法で、効果的な広告配信について知りたい

・事業部Aが米国に進出し、デジタルマーケティング施策を展開して顧客獲得をしようとしているが、法務・コンプライアンス部門からカリフォルニアのプライバシー保護法にちゃんと対応したデジマケ施策にしてねと言われた。何それ?
何をやってよいのか?何をやってはいけないのか?が知りたい。
・何か ガイドしてくれるような資料があればいいのだが?

そんなデジタルマーケティング・ブランディング担当の皆様からの
「使う」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「使いたい」ケースにお役立ち
・海外子会社のデジマケ施策でMAやCRMなどで個人情報を取得しているが、本社としてそれが 適切なのか確認したい
・デジマケ施策での個人情報の取り扱いについて、 運用ガイドラインを示せるようにしたい

デジタルマーケティング用語が少し難しいのか、法務・コンプライアンス部門の方々に相談してもなかなか的を得た回答をえることが難しいというのを感じている
・ただ、 弁護士に相談するというのも大げさだし
気軽に相談できる専門家がいないかなぁ?

そんなデジタルマーケティング・ブランディング担当の皆様からの
「相談する」のお悩みにBizRisはお応えします

例えばこんな「相談したい」ケースにお役立ち
・海外子会社への ガバナンス強化のため、各国のプライバシー保護規制に対応して、デジタルマーケティング用語を理解したアドバイスを日本語で欲しい
・いや、海外のデジマケ担当に情報を展開したいので、逆に 英語でアドバイス(資料)が欲しい

もっと見る閉じる

新BizRisでできること

知る

コンプライアンス対応に
役立つニュース・解説

  • ニュース記事

    プライバシー保護規制やビジネスリスクについて、国内外から多種多様な情報を精査し、IIJのナレッジや経験からお客様の関心の高そうなトピックを事実ベースでお伝えするものです

  • メールマガジン

    過去1週間の新着コンテンツについて明瞭簡潔にまとめた毎週水曜配信のメルマガとなり、プライバシー保護や情報セキュリティ分野のグローバル情報がキャッチアップ可能となります。
    新着コンテンツには、①ニュース記事、②eBook、③動画で学ぶシリーズ、④(オンライン)セミナー、④実務対応あるある(FAQ)、⑤各種テンプレート/対応の手引き、⑥キャンペーンの案内などが含まれます。

  • New!概要版(グローバル・オーバービュー)

    世界のプライバシー保護規制の最新動向について、「a. プライバシー保護規制のグローバルマップ」、「b. 各国毎のプライバシー保護規制比較一覧表」、「c. 31カ国・地域毎の個別レポート」の3部で構成されている資料です。

    日本企業から問合せの多い①31カ国・地域、②17調査項目(クッキー規制を含める)を対象に、外部の法律事務所の協力も得て、四半期毎に更新版を今後作成・公開する予定です。

  • New!eBook

    改正個人情報保護法やクッキー・プライバシー保護規制対応に関する座談会など、重要な法改正やマーケット・トレンド、日本企業の関心が高いトピックについて解説するダウンロード・コンテンツです

  • New!動画で学ぶシリーズ

    基本情報や基礎知識を題材とした社内研修や概要把握を目的としたナレッジ動画(動画1回の長さは約5~10分)です

  • New!有料(オンライン)セミナー

    プライバシー保護規制やビジネスリスクのトピックを深く掘り下げて解説する有料(オンライン)セミナーです。セミナーの無料参加権は子会員にも適用可能です。

  • 専門知識を掘り下げる

    各国法やITセキュリティ、デジタルマーケティングなどプライバシー保護規制対応に詳しい専門の弁護士、コンサルタントによるホワイトペーパー、重要な執行事例、判決に対する論説・解説、GDPR条文解説、法律のより詳しいガイドラインの日本語仮訳など、専門知識を深めたい方に役立つコンテンツ群です

  • 実務対応あるある

    IIJが実施したプライバシー保護規制対応支援で、お客様から寄せられた実務的な質問をベースに、一問一答のFAQ形式で質問と回答をまとめています

使う

充実した資料・テンプレート

  • 各種テンプレート/対応の手引き

    プロジェクト立案・実施時に、自社対応に役立つ、実務上の有用コンテンツやチェックリスト、どのように対応していけばよいのかを示したステップガイドのような手引書をパッケージにしたものです。これを使って自社で対応していくことをサポートします。
    (例:カリフォルニア州消費者プライバシー法対応テンプレート、中国サイバーセキュリティ法 簡易アセスメントキットなど)

相談する

専門家による
アドバイス・サポート

  • アドバイザリーサービス

    日頃のプライバシー保護規制対応業務での疑問や不明点を、プライバシー保護規制対応の専門家にタイムチャージで気軽に質問できるサービスです

10月9日(金)、BizRisは
リニューアルします

より充実したサービスへと
進化した新BizRisにおいては、
上記のコンテンツが含まれます。

安全・安心なインターネットの
維持・運営は、
パイオニアとしての使命

1992年日本のインターネットのバイオニアとして創業して以来、
今では海外に出ていくトラフィック、海外から入ってくるトラフィックの多くがIIJのネットワークを利用しています。
そのため、IIJでは24時間365日体制で、常に海外からのサイバー攻撃を監視、解析、検知、対応しています。
それは安全・安心のインターネットの維持・運営が、IIJのパイオニアとしての使命だからです。
IIJではサイバーセキュリティとプライバシー保護について最も重視し、研究・開発を常に行い、世界に貢献しています。
IoT、AIの時代を迎え、今後ますますプライバシー保護の法制は世界的に活発化するでしょう。
世界を相手に日本の競争力を上げるためには、日本中の企業がゼロから情報を追いかけていては時間がかかりすぎてしまいます。
各企業の情報収集の負荷を下げ、日本全体の生産性の向上に貢献したい、
その想いでビジネスリスクマネジメントポータルを開設しました。

IIJだから可能にする確かな自信と強み

豊富な
対応実績

GDPRやCCPAなどにおける
日本企業数百社への
有事・平時対応実績

高度な
技術力と専門性

インターネットセキュリティ技術開発の
パイオニアとしての技術力と、
弁護士を含む
コンプライアンス領域の専門性

当事者としての
実務経験

GDPR対応当事者
(IIJ Europe)としての
欧州監督機関対応を含む
グローバルな実務経験

advantages

精査され導き出されたナレッジをリーズナブルな料金で

membership
campaign こちらから今すぐお申込み