Windows 10はオランダのデータ保護法に違反


オランダのデータ保護監督機関(DPA)は、10月13日、マイクロソフトがWindows 10ユーザーの個人データを不当に処理しているとして、オランダのデータ保護法違反との判断を下した。

オランダのデータ保護監督機関(DPA)によると、マイクロソフトはユーザーに対して処理するデータの種類と目的を明確に通知しておらず、ユーザーは処理に対する有効な同意を与えることができない。同意にオプト・アウトを使用している既定の設定時、マイクロソフトはアプリの使用やエッジでのウェブ閲覧履歴を継続的に収集するが、これを明確に通知していない。マイクロソフトはこのような違反項目をすべて修正する意向を表明している。違反項目の修正が行われなかった場合は、オランダのデータ保護監督機関はマイクロソフトに課徴金を課すこととなる。

https://autoriteitpersoonsgegevens.nl/en/news/dutch-dpa-microsoft-breaches-data-protection-law-windows-10

関連記事

  • 2020年 9月 23日
GDPR執行事例リスト