中国 外務省「データセキュリティに関するグローバルなイニシアティブ」を公表


中国外務省の声明

2020年9月8日、中国の外務省は「Global Initiative on Data Security(データセキュリティに関するグローバルな主導権)」と題する声明を公開した。声明では 「情報技術革命とデジタル経済の驚異的な発展は、生産と生活の方法を変え、国家の社会的および経済的発展、グローバルガバナンスシステム、そして人間の文明に大きな影響を及ぼしています。爆発的な成長とデータの集約は、デジタルテクノロジーの重要な要素として、国家の安全保障と経済的および社会的発展に関わる革新的な開発の促進と人々の生活の再構築において重要な役割を果たしてきました。グローバルな緊密な協力と国際分業の新たな発展の中で、ICT製品とサービスのサプライチェーンのセキュリティを維持することは、ユーザーの信頼を高め、データのセキュリティを確保し、デジタル経済を促進するためにこれまで以上に重要になっています。」 と前置きした上で、 「すべての国に対し、開発と安全保障に等しく重点を置き、技術の進歩、経済発展、国家安全保障と公共の利益の保護にバランスのとれたアプローチを取ることを求めます。」 とし、「国家は、ICTの使用を通じて個人情報を危険にさらす活動を防止し、終止符を打つための措置を講じ、他の国家に対する大量監視、およびICTをツールとする他の国家の個人情報の不正収集に反対する」といった8つの提案をしている。

【中国外務省のウェブページ(英語)】

https://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/wjdt_665385/2649_665393/t1812951.shtml

関連情報

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータル

世界のプライバシー保護規制対応を支援する最新情報を継続的に発信。
有料会員様にはすべてのニュース、コンテンツ(ガイドラインや対応の手引き、ホワイトペーパー、FAQ、各種テンプレートなど)、セミナー情報、アドバイザリーサービスを提供しています。
BizRisの概要はこちら

世界19ヵ国・地域のクッキー規制を網羅したグローバル・オーバービュー(概要版)

IIJでは日本企業からのニーズが高かった①19ヵ国・地域、②17調査項目を対象に、西村あさひ法律事務所様の協力も得て、2019年4月の初版に続き、「世界のプライバシー保護法制の最新動向に関するレポート(グローバル・オーバービュー)をアップデートしました。

サンプルの閲覧はこちら
購入のお申込みはこちら

【中国CS法関連コンテンツ】

関連記事