英国 YouTube 子供のプライバシーを侵害したとして集団訴訟が提起される


YouTube に対する集団訴訟

英国Duncan McCann氏は、2020年9月13日のツイートで、YouTube, LLCに対し、子供のデータを違法に収集したとして集団訴訟を提起したと発表しました。当該集団訴訟専用のウェブサイトでは、

  • 当該集団訴訟は、YouTube に対して13歳未満の子供の追跡を停止させ、何百万人もの未成年ユーザーに対する補償を目的としている
  • Google が所有する YouTube は、子供をオンラインで追跡することにより、英国およびヨーロッパのプライバシー法を日常的に逸脱している
  • 当該集団訴訟は、子供に代わってテック企業に対して提起されたヨーロッパで最初の訴訟である
  • 500万人以上の英国人の子供と親に対して20億ポンドを超える推定損害賠償を求める

等を説明し、英国高等法院に集団訴訟を提起したとしている。

【Duncan McCann氏のツイート】

https://twitter.com/DuncanEMcCann/status/1305077798915239936

【当該訴訟専用のウェブページ】

https://www.youtubedataclaim.co.uk/#News

関連情報

IIJ ビジネスリスクマネジメントポータル

世界のプライバシー保護規制対応を支援する最新情報を継続的に発信。
有料会員様にはすべてのニュース、コンテンツ(ガイドラインや対応の手引き、ホワイトペーパー、FAQ、各種テンプレートなど)、セミナー情報、アドバイザリーサービスを提供しています。
BizRisの概要はこちら

IIJビジネスリスクアドバイザリーサービス 

GDPRや中国CS法、カリフォルニア消費者プライバシー法に関するコンサルティングを行っている専門家が、プライバシー保護規制のちょっとした疑問からドキュメントの作成支援に至るまで、お客様の様々なご相談にお答えします。

世界19ヵ国・地域のクッキー規制を網羅したグローバル・オーバービュー(概要版)

IIJでは日本企業からのニーズが高かった①19ヵ国・地域、②17調査項目を対象に、西村あさひ法律事務所様の協力も得て、2019年4月の初版に続き、「世界のプライバシー保護法制の最新動向に関するレポート(グローバル・オーバービュー)をアップデートしました。

サンプルの閲覧はこちら
購入のお申込みはこちら

関連記事