中国CS法の摘発件数結果報告(2020年1Q)


2019年法執行状況

中国国家ネットワーク情報弁公室(CAC)は、2020年4月16日、2020年の第1四半期のサイバーセキュリティ法等の執行状況について公表した。公表によると、Webサイトへの指導は1,143件、Webサイトへの警告は848件、Webサイトの更新停止は117件、Webサイト許可の取り消し・閉鎖は816件、司法当局への告発は3,520件、アカウントの閉鎖は33,000件とのことである。指導・警告・司法当局への告発は増加傾向にある。

法執行の内容

今回の公表にあたり、具体的な執行内容について以下の事例が挙げられている。

  • 国家の安全を危険にさらす違法な情報を流した、としてWebサイトの許可の取り消し・閉鎖やアカウントの閉鎖となったもの
  • 違法な情報や違法行為を行っている(違法な情報を流したとするニュースサイト、わいせつ・ポルノサイト、ゲームギャンブルサイト、詐欺サイト、偽造サイト等)として、Webサイトの許可の取り消し・閉鎖やアカウントの閉鎖となったもの
  • インターネットニュースや情報サービスに違法な情報を含むものがあった問題について指導(是正命令を含む)したり罰金の行政処分を課したものや、下品な内容の情報を流した問題について指導したもの

 

【CACの公表】
http://www.cac.gov.cn/2020-04/16/c_1588583486810466.htm

 

関連記事