世界規模の子供向けゲームサイトで2千3百万件の個人データが漏洩


報道されるところによれば、カナダの玩具メーカーGANZ社が運営する世界的な子供向けゲームサイトWebkinz World のユーザー名、パスワード等2千3百万件が、ハッカーにより公開されたとのことである。

この2005年に立ち上げられたサイトは、GANZ社のぬいぐるみ購入者が仮想世界上でのペットで遊べるもので、子供向けのゲームサイトとしては、最も成功しているもののひとつである。

ところが、このゲームのデータベースの一部と思われる22,982,319組のユーザー名、パスワード、パスワードのハッシュ値が、有名なハッキングフォーラム上に投稿されたのである。

GANZ社からのコメントは得られていないが、GANZ社では、従来から、18か月使われていないアカウント情報をアーカイブする運用を行っており、このアーカイブが漏洩した可能性が指摘されている。今のところ、アクティブなユーザー情報が含まれているのかどうか等の詳細は判明していない。

 

ニュース報道
https://www.zdnet.com/article/hacker-leaks-23-million-usernames-and-passwords-from-webkinz-childrens-game/

関連記事