中国CS法の摘発件数結果報告(2019年)


2019年法執行状況

中国国家ネットワーク情報弁公室(CAC)は、2020年2月18日、2019年の1年間のサイバーセキュリティ法等の執行状況について公表した。公表によると、Webサイトへの指導は2,767件、Webサイトへの警告は2,174件、Webサイトの更新中止は384件、Webサイト許可の取り消し・閉鎖は11,767件、司法当局への告発は1,572件、アカウントの閉鎖は737,000件とのことである。

前年との比較し増加傾向

前年(2018年)の件数は、指導1,497件、警告738件、更新中止297件、許可の取り消し閉鎖6,417件、告発1,177件、アカウント閉鎖2,320,000件であったので、アカウント閉鎖以外は増加傾向にある。

法執行の内容

今回の公表では、詐欺的なサイト、違法なギャンブルサイト、権利侵害のサイトなどを閉鎖したことや、ポルノ小説の内容が含まれていたサイトを更新中止1週間としたこと、中国の革命の英雄とされる人物を侮辱した内容が含まれていたサイトに指導・是正を行ったことなど、執行内容は多岐に及ぶ。

 

【CACの公表】
http://www.cac.gov.cn/2020-02/18/c_1583568767032468.htm

関連記事