ブラジル 新個人データ保護法の施行を2021年に延期へ


ブラジルの個人データ保護法を延期する法案が上院で可決

新型コロナウイルスの影響を受け、ブラジルで2020年8月に施行予定だった個人データ保護法(以下「LGPD」という)の施行を延期する法案1179/2020がブラジル上院本会議で可決された。法案1179/2020は、制裁に関連するLGPDの第52条から第54条が2021年8月1日に施行される一方、LGPDの残りの条項は2021年1月1日に施行されることを規定している。

今後、法案1179/2020は下院に送られ、可決された場合、大統領により承認される必要がある。

【法案1179/2020(ポルトガル語)】
https://legis.senado.leg.br/sdleg-getter/documento?dm=8085183&ts=1585919787279&disposition=inline

関連記事