フランス国務院、Googleに対するCNILの制裁処分を取り消す決定 ―削除権行使の地理的範囲に関する欧州司法裁意見を受け―


2020年3月27日、フランス国務院は、検索エンジンでの検索結果に対するデータ主体の削除検行使に応じなかったとして、フランス監督機関CNILがGoogle Inc.に対して決定した制裁処分を取り消す決定を下した。

CNILのGoogle制裁

今般の国務院決定の対象となったのは、2015年にCNILがGoogle Inc.に対し、世界中のすべてのバージョンのGoogle検索エンジンから、個人の氏名に基づく検索結果のリンクを削除できるようにするよう通知したことに端を発する。その前年には、Google Spain対AEPD(スペイン監督機関)事件の欧州司法裁判所判決(C-131/12, EU:C:2014:317)において、EU域内に所在する個人の氏名による検索エンジンの検索結果リンクの削除権行使が認められており、CNILの要求はこの判決結果を受けたものである。
これに対しGoogle Inc.は、EU及びEFTA域内のドメインエクステンションからの検索結果をジオブロッキング(アクセス元のIPの位置情報によるアクセスブロック)することを除き、CNILの通知の受け入れを拒否した。そのためCNILはGoogle Inc.に10万ユーロの制裁金を課すことを決定したが、それを不服としてGoogle Inc.は国務院に上訴した。国務院はGoogle Inc.の上訴を受け、削除権の行使に関する先行判決(Preliminary ruling)を欧州司法裁判所に求めた。

欧州司法裁判所の判決と国務院決定

欧州司法裁判所では、2019年1月に、個人名による検索結果リンクの削除権行使は全世界的に認められるものではなく、EU域内からの検索結果に限定されることは旧データ保護指令上違法ではないとする法務官意見が提出され(BizRis記事「欧州司法裁判所法務官が削除権(忘れられる権利)について欧州域外には適用されないとの意見を公表」)、同年9月にはこの法務官意見に沿った内容の決定が下された。欧州司法裁判所判決を受け、国務院はGoogle Inc.側の主張を受け入れ、CNILによる制裁金処分を取り消す決定を下したものである。

削除権(忘れられる権利)の地理的範囲と法益の衡量

決定において国務院は、データ主体の削除権行使の地理的範囲を、欧州司法裁判所決定の論旨に従って「EU域内から個人の氏名によって検索された結果のリンク」に限定され、GoogleによるIPジオロケーションによるブロッキングも間接的に合理的であると判断した。これは先述の法務官意見において、削除権に関する考え方は各国により異なり、その行使をEU域外からの検索に対しても一律的に適用するよう求めることは適切ではないとされたことを反映している。
国務院の決定でもう一つ注目されるのは、削除権行使の合法性は他の法的権利との衡量関係において判断されるべきであるとしている点である。国務院決定の第10項では、「CNILが抗弁して、係争中の制裁が、裁判所が監督機関に対して認めた、検索エンジンの全バージョンに関連する参照解除の実施を命令する権限に根拠があると主張する場合、そのような削除が欧州連合法の適用範囲を超えて欧州連合加盟国の領域外で適用される可能性があるという立法規定は、適用法の下では成立しない。さらに、いかなる場合においても、上記の権利は…一方では、プライバシーを尊重するデータ主体の権利及びそれらに関する個人データの保護と、他方では、情報の自由の権利との間の均衡がとれた後にのみ開かれうる」としている。このことは、データ主体の削除権は絶対的な権利ではなく、地理的範囲の条件に加え、市民が享受できる情報の自由の権利の保護とのバランスの上で判断されるべきであるものという法的スタンスを示すものであると考えられる。したがって、データ主体による権利行使への対応においては、情報の自由の意義を踏まえ、一般法益との比較衡量を考慮した対応が求められるといえるだろう。

フランス国務院の決定
https://www.cnil.fr/sites/default/files/atoms/files/decision_du_conseil_detat_-_dereferencement_-_27_mars_2020.pdf
CNILのニュースリリース
Droit au déréférencement : le Conseil d’État tire les conséquences des arrêts de la Cour de justice de l’Union européenne
https://www.cnil.fr/fr/droit-au-dereferencement-le-conseil-detat-tire-les-consequences-des-arrets-de-la-cour-de-justice-de

関連記事

  • 2020年 9月 23日
GDPR執行事例リスト