中国 商用暗号の実用と認証の実施に関する意見(意見募集稿)が出される


中国 商用暗号の実用と認証の実施に関する意見(意見募集稿)が出される

2020年2月20日に国家市場監督局(SAMR)が商用暗号の実用と認証の実施に関する意見(意見募集稿)(中国名「关于开展商用密码检测认证工作的实施意见(征求意见稿)」)を発表し、3月6日まで意見募集がなされた。

2020年1月1日に施行された暗号法(中国名「密码法」)では、暗号を①核心暗号、②普通暗号、③商用暗号の3種類に分類し(第6条)、①核心暗号と②普通暗号は国家の機密情報を保護するために使用され(第7条)、一般市民や企業は商用暗号を使用する(第8条)、とされている。今回意見募集となったものは、この③商用暗号の検出および認証システムの構築を促進するものである。

 

【SAMRの公表】
http://www.samr.gov.cn/hd/zjdc/202002/t20200220_311881.html

関連記事