個人情報保護委員会が上半期活動実績報告を公開


個人情報保護委員会(PPC)が上半期活動実績報告を公開

個人情報保護委員会(PPC)は、10月25日(金)に第123回委員会を開催し、2019年度上半期の活動実績を報告した。報告中で目立った点は以下等が挙げられる。
● 個人情報保護法に関しての初めての勧告1件、立ち入り検査2件等を含む活発な処理活動
● 個人情報の保護を図りつつ国際的なデータ流通を円滑化するための環境整備に向けた取組
  ・ヨーロッパ・アメリカを中心とした関係各国の機関等と、個人データの越境移転の枠組みの推進等
 ・情報通信技術の進展等を踏まえた個人データ保護の在り方に関する国際的な議論への参画

また同委員会では「地方公共団体の個人情報保護制度に関する懇談会の開催について」も議題となり、それぞれの自治体で条例で定められている個人情報保護の実態に鑑み、以下の事項に係る実務的論点の整理を行う取り組みにつき審議された。
①  個人情報保護条例の法による一元化を含めた、地方公共団体における個人情報保護に係る規律の在り方
② ①の見直しの方向性を踏まえた地方公共団体の個人情報保護制度に係る国・地方の役割分担の在り方

第123回 個人情報保護委員会
https://www.ppc.go.jp/aboutus/minutes/2019/20191025/

関連記事