CCPA改正案にカリフォルニア州知事が署名、施行規則案も公開に


カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)改正案にカリフォルニア州知事が署名、施行規則案も公開に

カリフォルニア州上院を9月13日に通過していたカリフォルニア消費者保護法(CCPA)の改正案に知事が署名をし、2020年1月1日から施行されることとなった。改正案の主な内容は以下の通りである(9月25日に本欄にて報告)。
1. AB-25 従業員情報に関するCCPAの義務の大部分の適用の1年間猶予
2. AB-874 非識別情報又は消費者情報集合体である消費者情報が個人情報に該当しないことの明確化
3. AB-1146 保証またはリコールに関する修理のための自動車情報と所有者情報の除外
4. AB-1355 個人情報の価値に基づく合理的な取扱いの区別の許容
5. AB-1564 アクセス権行使のための方法の明確化

これと時期を同じくし、カリフォルニア州司法長官がCCPAの施行規則案を公表した。条文の構成は以下の通りである。
第1条 一般的な条項
名称と範囲、定義
第2条 消費者への通知
個人情報の収集の際の通知、個人情報の販売についてのオプトアウトの権利の通知、金銭的なインセンティブの通知、プライバシーポリシー
第3条 消費者の要求を取扱うための実務
開示又は削除の要求を提出する方法、開示又は削除の要求、サービスプロバイダー、オプトアウトの要求、個人情報の販売をオプトアウトした後のオプトインの要求、訓練:記録保管、世帯情報へのアクセス又は削除の要求
第4条 要求の確認
確認に関する一般的なルール、パスワードによって保護されたアカウントの確認、アカウントを保有していない者の確認、委任代理人
第5条 未成年に関する特別なルール
13歳未満の未成年、13歳から16歳の未成年、16歳未満の未成年に対する通知
第6条 差別の禁止
差別的な実務、消費者データの価値の計算
第7条 可分性
この施行規則については45日間のパブリックコメント(12月6日まで)に付されることになっており、公聴会を12月2日から5日の間に行うとのことである。

CCPAは、改正案の知事承認、施行規則案の公開と来年の年初からの施行に向けて動きが急となっている。

カリフォルニア州知事の法令公表ページ
https://www.gov.ca.gov/2019/10/11/governor-newsom-issues-legislative-update-10-11-19/
カリフォルニア州司法長官のCCPA施行規則案意見募集
https://www.oag.ca.gov/privacy/ccpa

関連記事