児童個人情報ネットワーク保護規則が発表される


CAC(国家インターネット情報弁公室)公式サイトによると、8月23日に「中国サイバーセキュリティ法」と「インターネット情報サービス管理規則」に基づく「児童個人情報ネットワーク保護規則(以下「本規則」という)」が意見募集を経て正式に公布された。2019年10月1日より施行される。本規則の主な内容は以下のとおりである:

「児童」は14歳未満の子をいう(第2条)
ネットワーク運営者は児童の個人情報についての内部規則を作成し、専門の責任者を指定しなければならない (第8条)
児童の個人情報を処理する場合、使用の目的、方法、範囲、保存場所、期限、期限後の処理方法、セキュリティ保障措置、更新及び削除の方法、苦情申し立て、通報方式などを、同意の撤回方法を示した上で児童の保護者に告知し、保護者の同意を取得しなければならない (第9条、第10条)
委託先を安全評価し、契約を締結しなければならない (第16条)
児童の個人情報を第三者へ提供する場合、安全評価をしなければならない (第17条)
児童の個人情報に誤りがある場合に、ネットワーク運営者に対する訂正権、忘れられる権利を規定(第19条、第20条)
本規則に違反する場合、「中国サイバーセキュリティ法」及び「インターネット情報サービス管理規則」などの関連法律、法則に基づき処罰される(第26条)
「中国サイバーセキュリティ法」同様、違反した者は、関連法等に基づきクレジットファイルに記録され、公表される。(第27条)

CAC公式サイト(中国語):http://www.cac.gov.cn/2019-08/23/c_1124913903.htm

関連記事