スペイン監督機関、スペインのプロサッカーリーグ「ラ・リーガ」に対しGDPR違反で25万ユーロの制裁金


スペイン監督機関、スペインのプロサッカーリーグ「ラ・リーガ」に対しEU一般データ保護規則(GDPR)違反で25万ユーロの制裁金

スペインのデータ保護監督機関AEPDは、スペインのプロサッカーリーグであるラ・リーガに対し、同リーグが配信するソフトを通じた音声収集がGDPRの透明性原則に違反するとして、25万ユーロの制裁金を課すことを決定した。

ラ・リーガは、遠隔操作により、配信したアプリを通じて通信端末(携帯電話等)のマイクを起動し、アプリユーザーのほか、ユーザーが所在する場所の音を収集していたとされる。その目的は、同リーグに正当な視聴料を払わずに試合を放映するバーなどの特定であり、収集した音声データはテレビで放映している実際の試合の音声データと照合することで、放映の事実を確認していた。また、通信端末の位置情報と照合し、放映している飲食店等の施設の位置を特定していたとされる。

AEPDはマイクを通じた音声の収集について、ユーザーの音声を含むセンシティブデータの収集に伴う追加的なプライバシー情報をユーザーに提供すること、違法に試合を放映している施設の特定のために音声データを用いることに対する同意をユーザーがいつでも撤回できることを、アプリのマイク機能の起動ごとに通知すべきであったとしている。

一方、ラ・リーガは、音声データ自体は保存されず、信号処理により得られた音声の周波数分布(スペクトル)と放映する試合音声の周波数分布の照合をしているだけで、通話者の会話自体を聞いているわけではないとしている。これらから、ラ・リーガは個人情報を処理しておらず、その事実を監督機関は無視していると主張している。ラ・リーガは今回の制裁を不服とし、裁判所に提訴する方針である。

La Agencia de Protección de Datos multa con 250.000 euros a LaLiga por la app que usa el micrófono de los móviles para cazar a los bares con fútbol ‘pirata’
https://www.eldiario.es/tecnologia/Agencia-Proteccion-Datos-Liga-microfono_0_908859408.html

関連記事

  • 2020年 9月 23日
GDPR執行事例リスト