ドイツの監督機関にて制裁金41件との情報 −Nordrhein-Westfalen州で多数−


ドイツの監督機関にて制裁金41件との情報 −Nordrhein-Westfalen州で多数−

報道されるところによれば、ドイツの各州のデータ保護監督機関にて41件のGDPR関連制裁金が発せられているとのことである。各州の件数内訳は以下の通りである。
Nordrhein-Westfalen (33)
Hamburg (3)
Baden-Württemberg (2)
Berlin (2)
Saarland (1).

ドイツの日本企業の拠点が多数集中しているデュッセルドルフがあるNordrhein-Westfalen州の件数が圧倒的に多いのが注目される。

制裁金の額については、Baden-Württembergでの80,000ユーロが最高であるが、不適切な内部管理により健康データがインターネット上に公開されてしまったという事例のようである。その他、Hamburgにて25,000ユーロ、Nordrhein-Westfalenにては15,000ユーロ程度である。GDPR施行後間もないということで、比較的少額に留まっている印象である。

調査に関するニュース
https://app.handelsblatt.com/politik/deutschland/datenschutzgrundverordnung-behoerden-verhaengen-erste-bussgelder-wegen-verstoessen-gegen-dsgvo/23872806.html?ticket=ST-1233127-AmRdOIG7c6hPgozI73NM-ap4

関連記事