TikTok(動画SNS App)がCOPPA違反で$5.7 millionを米連邦取引委員会に支払


TikTok(動画SNS App)がCOPPA違反で$5.7 million(6億円超)を米連邦取引委員会に支払い

米連邦取引委員会(FTC)が2019年2月27日に公表した情報によれば、TikTok運営事業者が、子供のオンラインプライバシー保護法(the Children’s Online Privacy Protection Act: COPPA)に違反したことにより $5.7 million(6億円超)をFTCに支払うことで合意したとのことである。

FTC議長Joe Simons氏は「TikTokは、13歳未満のユーザーの多くが、両親の同意を得られていないと知りながら、名前やe-mailアドレス等の個人情報を集めていた。これは、子供を対象とした全てのオンラインサービスやWebへの警告である。我々はCOPPAに基づく執行を極めて重視している。これを無視する会社を許しはしない」と強調している。

https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2019/02/video-social-networking-app-musically-agrees-settle-ftc

関連記事

  • 2020年 9月 23日
GDPR執行事例リスト