米上院で連邦プライバシー政策の公聴会開催 連邦プライバシー法制定に向けての一歩との位置づけ


米上院で連邦プライバシー政策の公聴会開催 連邦プライバシー法制定に向けての一歩との位置づけ

米連邦議会上院商務委員長のロジャー・ウィッカー上院議員(共和党・ミシシッピ州)は、先週金曜日、2月27日にデータ・プライバシーに関する連邦政策の基本について公聴会を行うと発表した。THE HILLが伝えた。これは超党派による連邦プライバシー法制定に向けての第一歩であると同委員長は語った。カリフォルニア州消費者プライバイシー法の制定、大手テクノロジー企業による個人データ関係のスキャンダル多発を受け、両党の連邦議員は連邦法によるプライバシー規制の必要性を訴え、一方、企業も州法によるパッチワークのような規制を避けるために連邦法による規制の一本化を求めている。

https://thehill.com/policy/technology/429126-senate-to-hold-hearing-on-potential-privacy-bill

関連記事