ICO、同意なく宣伝メールを送信したマーケティング会社に制裁金


イギリスのデータ保護監督機関ICOは、9月5日、同意を得ないまま140万通の宣伝メールを送信したマーケティング会社、Everything DM Ltd (EDML)に対して、6万英ポンド(約860万円)の制裁金を課したと発表した。EDMLは顧客企業からの依頼でこれらのメールを送信していたが、顧客企業がメール受信者からの同意を適切に得ていることを証明できなかった。個人データの処理を第三者が取得した同意に依存する場合、そのような同意を証明できるかどうか、十分な注意が必要である。

https://ico.org.uk/about-the-ico/news-and-events/news-and-blogs/2018/09/marketing-agency-fined-60-000-for-nuisance-emails/

関連記事