英国ICOによるデータ保護違反の制裁金賦課件数は前年比倍増(PwC調査)


PwCの調査によると、イギリスはヨーロッパ各国の中でデータ保護制度の運用が厳格であることがわかった。ICOは2016年に35件のデータ漏洩に対して合計325万英ポンドの制裁金を賦課、前年の18件からほぼ倍増となった。2016年のICOによる総摘発件数104件も他のEU加盟国に比べて多かった。データ侵害の主な原因は、書類の盗取・紛失、FAX・郵便の誤送信、電子メールの誤送信などだった。
https://www.pwc.co.uk/press-room/press-releases/number-of-fines-for-UK-data-privacy-issues-doubles.html

関連記事